• 看護師
  • 医師
  • 歯科・クリニック
  • 介護
  • 検診
  • 医療事務系
  • サービス業・営業系
  • 一般事務系

医療現場の国境なき医師団への寄付金付きスクラブ導入事例「現場の声」

病院、クリニック、歯科院、教育機関など
「医療現場」でのユニフォームの導入事例をレポート

着用し働くスタッフはもちろん、患者さまへ与えるイメージも左右するユニフォーム。
動きやすさなどの機動性や衛生面など基本的な問題の他にも、
デザインや色・素材によりモチベーションの維持向上など、
日々着用するユニフォームだからこその見えてくる問題点や活用の方法があります。
フォークのユニフォームがどうのように活用されているのかを現場取材させていただきました。

茨城西南医療センター|国境なき医師団への寄付金付きスクラブ/フォーク株式会社

茨城西南医療センター|国境なき医師団への寄付金付きスクラブ

地域のあらゆる疾患に対応できるよう体制を整備。特に、第三次救急に対応する「救命救急センター」を設置し、24時間体制で診療に当たっており、県内はもとより隣接する千葉県、埼玉県、栃木県などからも救急車を受け入れ、地域における救急医療の最後の砦として活動してる。

聖路加国際病院|国境なき医師団への寄付金付きスクラブ/フォーク株式会社

聖路加国際病院|国境なき医師団への寄付金付きスクラブ

1902年の創立以来100年以上の歴史を持ち、病床数520床、一日平均2500名の外来患者を抱える大規模病院。
キリスト教精神の下で、患者様中心の診療と看護を実践し続けている。