• 看護師
  • 医師
  • 歯科・クリニック
  • 介護
  • 検診
  • 医療事務系
  • サービス業・営業系
  • 一般事務系

名医の理論(セオリー)「消化器外科医|塩澤学先生」

様々な医療現場で高い技術と信頼を得て最前線を走り続ける名医に伺う

消化器外科医|塩澤学先生

“根拠”がある医療にチームで取り組む。
その意義と誇りを若い世代にも引き継いでいきたい

自分自身が行っている医療は正しいと言える“根拠”を持つ

私がまだ駆け出しの頃、諸先輩の外科医の手術に一緒に入らせていただくたびに、医師によって手術方法が違っており、どの手術手技が正しくてベストな治療であるのか迷う時期がありました。
『どの治療をすれば患者さんを治すことができるのか』ということについて、先輩外科医と常に意見を戦わせながら手術をしていました。合併症の回避、がんの根治などに関して自分自身が行っている医療に“根拠”が欲しかったですね。

何度も自身が行ってきた手術を顧みることや術後の患者さんと外来で会話していくうちに、自分が行っている手術治療は間違っていないという確信がやっと持てるようになりました。
本邦における大腸がんの全国データと比較しても、少なくとも全国平均よりは良好な結果を出してきていることもわかってきました。現在は、さらに高いクオリティの医療を提供できるように奮闘し続けており、今は後輩たちに、自分たちが行っている手術に対する“根拠”を自身の言葉で言える外科医を育てていくことに注力しています。

消化器外科医|塩澤学先生

チームで同じ意思を共有し、1回の手術に全霊を賭ける

大腸がんは、最初の手術で完全にがんを切除することが大切です。
まさに手術の質で勝負が決まると言っても過言ではありません。妥協は一切許されない。だからこそ『この患者さんに2度目はない』という緊張感をもって手術に臨んでいます。この勝負に勝つためには、手術に参加する外科医が同じ目的、ベクトルを持つことが大切ですからチーム医療は必須です。

メンバーは若手も多いですが、治療に対する彼らの意見を頭ごなしに否定はしません。彼らも患者さんのために熟考して言葉にしているわけですから。また、たとえ結果が伴わない場合も個人の責任にはせずチーム全員で反省し次の治療に必ず生かします。

消化器外科医|塩澤学先生 消化器外科医|塩澤学先生
消化器外科医|塩澤学先生

見た目も大事。でもそれ以上の要は信頼に足るコミュニケーション

ひと昔前は、ワイシャツにネクタイ、白衣、そして革靴というのが医師の典型的なスタイルでしたが時代は変わりました。信頼されるような外見も大切ですが、それ以上に患者さんときちんとコミュニケーションを取り、信頼を得るだけの知識、言葉を持つことのほうがもっと大事。
チームでは皆で同じスクラブを着ています。美しいシルエットで統一されることによる診療科としての洗練性や精神的な団結力が生まれました。スクラブは動きやすさと格好良さが両立されていて、メンバーからも患者さんからも好評ですよ。
私の上司は『自分が大腸がんになったら塩澤に任せる』と言って退きました。私も同じように、自分の命を任せることができる医師を育てたいですね。それが外科医として自分の最大の目標です。

消化器外科医|塩澤学先生
Doctor Manabu Shiozawa
消化器外科 大腸外科部長

横浜市立大学医学部卒業。2002年より神奈川県立がんセンター大腸外科へ勤務。2012年より外科部長に就任。大腸がんの根治性を最重視するとともに、術後のQOLも考慮し、個々の患者さんのニーズに応えるべくテーラーメイド治療の提供に努める。現在は、若手の育成にも力を注ぐ。

昭和38年、神奈川県立成人病センターとして発足。昭和61年に神奈川県立がんセンターと改編し、悪性腫瘍の診断や進行癌の集学的治療を開始。平成12年、さらなる専門性を目指してICU病棟、無菌病棟、緩和ケア対応病棟の整備と診療科の再編を行い、平成14年からは緩和ケアを本格実施。

プロフィール

消化器外科医|塩澤学先生
Doctor Manabu Shiozawa
消化器外科 大腸外科部長

横浜市立大学医学部卒業。2002年より神奈川県立がんセンター大腸外科へ勤務。2012年より外科部長に就任。大腸がんの根治性を最重視するとともに、術後のQOLも考慮し、個々の患者さんのニーズに応えるべくテーラーメイド治療の提供に努める。現在は、若手の育成にも力を注ぐ。

着用いただいている製品

PANTONE(パントン)

フォークは色の持つチカラに着目し、いち早く色のプロフェッショナル「PANTONE(パントン)」と提携を開始しました。スタイリッシュなだけでなく、豊富なカラーラインナップには医療現場で色がどのような効果をもたらすかといった科学的な方面からも開発を進めています。シンプルデザインは、業界のスクラブのスタンダードといっても過言ではないほどの販売枚数と人気を誇ります。PANTONE(パントン)シリーズは、スクラブに合わせたパンツもご用意してあります。病院や介護施設、クリニックではPANTONE(パントン)の色を使って、日勤と夜勤でユニフォームを着分けたり、役職やチームごとで色を使い分けるなど様々な使い方をされているようです。

WEBストアでのご注文

PANTONE(パントン) シリーズ
ウェブストア 商品のご注文

関連コンテンツ

フォーク社ユニフォームの着用者様 ユニフォーム採用事例「現場の声」

[現場の声]
着用し働くスタッフはもちろん、患者さまへ与えるイメージも左右するユニフォーム。動きやすさなどの機動性や衛生面など基本的な問題の他にも、デザインや色・素材によりモチベーションの維持向上など、日々着用するユニフォームだからこその見えてくる問題点や活用の方法があります。フォークのユニフォームがどうのように活用されているのかを現場取材させていただきました。

名医の理論

名医の理論

[名医の理論の一覧へ戻る]