ユニフォーム総選挙で選んだ「私たちのウエア」、
着る人のモチベーションをアップ

新入職員を惹きつけられ、スタッフの「やる気」を引き出すウエアを。

4 年に1 度のユニフォーム見直し時期に差し掛かっていた東京都済生会向島病院。これまで、看護師はワコールHI コレクションをユニフォームとして着用していましたが、このタイミングを機に新しいウエアを検討することに。今まで着用していたデザインが好評だったこともあり、今回も白衣ではなく、スクラブのなかから選ぶことにしたそうです。

「ユニフォームはスタッフのモチベーションを高めるために大切な要素のひとつ。また、新入職員を獲得するという点でも重要です。みんなの憧れの象徴になるようなウエアを選びたい」とおっしゃる佐久間看護部長の考えにより、次のユニフォームは、スタッフ全員の投票で選ぶことに決めたそうです。

スポーティなデザインが現場を活性化、脱ぎ着のしやすさも好評のジップスクラブ®。

スタッフから数多く候補があがったデザインのなかから、動きやすさや安全性、患者さんに信頼されるデザイン・カラーといった観点を踏まえて佐久間看護部長が、10 着程度に絞り込みました。患者さんが見分けやすいよう、カラーも看護師はピンク系、クラークはターコイズ、看護助手はダークネイビーをベースにセレクト。これらのユニフォームを試着しながら、最終的に投票で選ばれたのは、鮮やかなチェリーピンクのジップスクラブ®。

スポーティな雰囲気や、着脱しやすい前開きのデザインが決め手となりました。みんなで投票して選んだおかげで「私たちが選んだ、私たちのユニフォーム」という想いがスタッフに強く芽生え、ユニフォームへの愛着もこれまで以上に湧いているようです。

病院プロフィール

東京都済生会向島病院

東京都済生会向島病院
東京都墨田区八広1-5-10
03-3610-3651

http://www.saiseikai-mkj.jp launch

「かかりつけ病院」として、地域の皆さんに親しまれている総合病院。平成26年10月から病棟の半分を一般病棟から「地域包括ケア病棟」に転換し、より一層地域との結びつきを深め、より近い存在の病院として機能しています。

導入商品

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

フォーク株式会社は2013年からスクラブの新形態を提案しています。 従来のかぶって着るタイプと違い、羽織って着るタイプですので、女性の化粧崩れもばっちり防げます。 すべてのモデルに「重量拡散ポケット」を標準装備。 アームホールに小さなショルダーバックをつけたような形状なので、PHSやタブレットなどの重さが四方に分散され、動きを妨げません。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED