産院らしい柔らかい雰囲気を演出してくれるスクラブ。

花柄のスクラブが患者さんの緊張を和らげる。

戸田中央産院は、戸田市で唯一の産院。
2年前、所属するグループ内で療養型と急性期型それぞれでユニフォームを統一する動きがあったそうです。そのデザインは白地のスクラブにラインが入ったもので、スタッフからは「もっと産院らしい、柔らかい雰囲気のスクラブ着たい」という声が。お産というものは、患者さんが緊張してしまうとなかなか上手くいかないそう。そこでこちらの病院が採用したのが、花柄のスクラブ。こちらに変えてからは、自然とスタッフが笑顔になり、これまでよりも患者さんとの距離が近くなったと感じているそうです。

花柄のスクラブが集まると、ナースステーションも華やかに。

写真左:「患者さんに、“ 印象が穏やかになったね” と声をかけてもらえました」と伊賀さん。
写真右:「花柄のスクラブは、着ると気持ちが晴れやかになります」と話す、松村さん。

抵抗を持っていた花柄が今ではお気に入りに。

ユニフォームとスタッフの気持ちの変化は、患者さんにも伝わっており、「病院全体の印象が明るくなった」や「産院らしい穏やかな雰囲気に変わった」と声をかけられるそうです。その一方で、花柄に決まった時には抵抗を感じる50代のスタッフも。しかし、実際に着て働いてみると顔が優しくなり、今となってはこちらを採用して大正解だったと話してくださいました。

写真左:植田さん。「久しぶりに来た患者さんが、“ 産婦人科らしくなったね” とおっしゃっていました」。
写真右:川口さん。「花柄は患者さんの緊張をほぐす力があるように感じます」。

病院プロフィール

医療法人社団東光会戸田中央産院

医療法人社団東光会戸田中央産院
埼玉県戸田市上戸田2-26-3
048-444-1181

http://www.todasanin.jp launch

「親切・誠実・責任」を理念とし、母と子に優しい医療を心がけている戸田中央産院。「自然分娩」「夫立ち会い分娩」「母乳育児」を推奨し、ご家族のつながりがより深いものになるようサポートしている。

導入商品

フラワースクラブ

フラワースクラブ

フラワースクラブ

看護服が、病院スタッフと患者さんに与える印象を研究されている福岡女子大学国際文理学部教授博士(芸術工学)庄山茂子先生の研究結果によると、白衣が「信頼感・責任感」を印象づけるのに対し、花柄のウエアは「明るい」「やわらかい」「癒される」といったイメージを与えることがわかりました。花柄のウエアには、患者さんの不安や緊張を和らげる効果が期待出来ます。 ナースウエアは、魅力ある病院をつくるための重要なアイテムのひとつ。患者さんにどのようなイメージを与えたいか、患者視点でウエアを選ぶ病院が増えています。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED