最高の知識と技術をもって患者さんの笑顔を取り戻す

心臓血管外科を専門にしたのは「自分にとって心臓はわかりやすかった」から

心臓は4つの部屋に分かれて、仕切りの壁があり、血液が流れています。部屋の仕切りに壁があって穴が空いていたり、弁がついていて、閉じなくなったり開きにくくなったり。ただそれだけです。

肝臓や腎臓はそこに何かが入ってきたり、代謝があって、生化学など覚えることがたくさんあるんですよ。他の臓器は「入口から出口の間が複雑」なんです。自分にとっては「心臓」がわかりやすかったんです。

あなたも心臓外科医になれますよ

小学校の時、理科の授業で「植物の名前を覚える」のと「物が動く仕組みなどを考える」どっちが好きでしたか?後者なら心臓外科医になれますよ。

心臓を専門にしようと決めたのは、卒業間際でした。当時は切ったり縫ったり、そんなことはできないと思っていました。もともと工作が好きではなかったですし、絵を描いたりするのも上手ではなかったので、手先を使う仕事はできないと思っていました。

でも「心臓が好きだったんです」

従兄弟が循環器内科を専門としていたので、従兄弟が勤める病院へ見学に行ったんです。そういった経験もきっかけになりましたね。

心臓外科医は「やめないこと、続けること」が大切

心臓外科医というのは、自分が手術できるようになるまで長い時間がかかります。手術できるようになってからも、体がつらいこともあるかもしれません。助手の段階でやめてしまう人もいるかもしれません。
「どうしたら手術ができるようになるのですか?」と質問されることもありますが、答えは「やめないこと」「続けること」です。

下積み期間を長く感じるかは「好きかどうか」によります。

同じ手術をしているように見えるかもしれませんが、同じ疾患でも患者さんごとに違います。
手先の技術は1割です。どれだけ自分で手術のイメージを作り上げるか、準備しておくかが重要です。

これから臨む手術だけではなく「将来の自分」へも、準備であきらめてしまわず、続けることです。

体は休めても気持ちは休めない

手術と手術の間は、面白いトレーニングをしたり瞑想をしたりとか・・・そういったことは一切ありませんが。(笑)10分20分寝たりすることがあります。
基本的には休まない、なんていうと超人みたいですが、体は休めても気持ちは休まないということです。

手術と手術の間の気持ちを完全にオフにはしないのは、次の手術の準備があったり、緊急手術が入ることがありますからね。完全にオフにすると元のテンションに戻すのが難しいので、一定のところでスタンバイしている方が疲れません。何よりも心臓手術が好きだから疲れません。

「好きなことをしているときは疲れないでしょう」

常に新しい技術や情報に機敏でいる

患者さんが「最高の医療を求めて訪ねてきてくれる」ので、医師は「最高の知識と技術があって当然」だと思います。だからこそ、勉強します。情報にも敏感になり、新しい技術も取り入れます。
手術の「技術的」な部分は一部です。手術に至るまでの自分のイメージやコンセプトを作った上で手術に望まなくてはいけません。
手術の前には、チームでよく話し合います。手術を受ける患者さんのストーリー(どういった経緯で今の状態になっているのか)をよく理解します。どうやって治せば、良い結果になるのかを、手術の前にわかっていなければなりません。手術に入った時は、手術前に組み上げた「イメージのとおり」に手術します。

先生より、確かな技術だけではなく、事前の準備の重要性をお話しいただきました。

心臓の手術は「機能を回復させる手術」

他の手術が悪いというわけではありませんが、例えば臓器を半分切除すれば、手術後は前より元気にというわけにはいきません。心臓はとってしまうわけにはいきませんので、心臓の手術はよりよく、機能を回復させるものなのです。

一番うれしいのは「患者さんの元気になりました」の言葉

手術が終わって患者さんがニコッと笑って「元気になりました」と言っていただけるのが一番嬉しいです。それが原点だと思います。

診断の結果「今、死ぬか生きるか」ではないにしても、いずれ悪くなるという状況で、手術したほうがいいといったケースもあります。
現状、患者さんが痛い思いや苦しい思いをしているわけではない中で、手術をするのは高いハードルです。そのような状況下で、手術をすることをご理解いただいて、手術をして、アクティビティの高い身体を使う元のお仕事に戻られて、喜んでいただけた時は、嬉しいですね。

人間の体は「悪い状態に慣れてしまい」自分で調整してしまうケースもあります。あまり自覚症状がなくても階段を上るのが遅くなったりするのもその為かもしれません。
まずは、「元通り」にし、手術前よりもっと元気になってくれれば、それが本当の喜びです。

邪魔にならない、優しいスクラブ

高梨先生の制服への印象をお伺いしました。

制服を選ぶポイントなどありますか?

やはり、仕事がしやすいこと。
手術でも机にいても、長時間着ていても邪魔にならないということが重要ですね。
揃いのユニフォームというのは、職域が違い人でも同じユニフォーム着ていると、自然とチームとして一体感が出ますね。

普段ご着用頂いているPANTONEカラースクラブの着心地はいかがでしょうか?

いい意味で着ている感じがしないです。
邪魔にならないというのは大切ですね。

今回はFシリーズを着用いただきましたがいかがでしょうか?

これはいいですね、スクラブなのでだらしない印象がなく、整っていると思います。

高梨先生ご着用のウエア

製品画像クリックで詳細をご覧いただけます。

7077SC-15
5025SC-15

7000SC-26
5018SC-26

医師プロフィール

医師プロフィール

心臓外科医|高梨秀一郎先生

Doctor Shuichiro Takanashi
川崎幸病院 副院長
川崎心臓病センター長
心臓外科主任部長

1984年愛媛大学卒業、兵庫医科大学での研修を経て、大阪市立総合医療センターで研鑽を積む。その後、新東京病院心臓血管外科部長、榊原記念病院心臓血管外科主任部長を務め、2019年より川崎幸病院心臓病センター長、心臓外科主任部長に就任する。現在、慶應大学、東京医科歯科大学、慈恵会医科大学、大阪大学、国際医療福祉大学での教授職も兼任している。冠動脈バイパス術、大動脈弁形成術、肥大型心筋症への手術でも世界に名を馳せ、後進の指導にも力を注いでいる。

病院プロフィール

社会医療法人財団 石心会 川崎幸病院

社会医療法人財団 石心会 川崎幸病院
神奈川県川崎市幸区大宮町31番地27
044-544-4611

https://saiwaihp.jp/

昭和48年に開設し、川崎市南部と横浜市北部を診療圏とする病院。救急外来を主としており、高度医療センター化を推進。一般外来は分離して「川崎幸クリニック」・「第二川崎幸クリニック」で診療を行っている。2012年には、急性期病院としての機能を強化・充実させるために新築移転した。地域医療連携を要とした、地域中核病院の役割を担う他、臨床研修病院にも指定されている。

導入商品

PANTONE(パントン)

PANTONE(パントン)

PANTONE(パントン)

色の持つチカラにいち早く注目したフォーク株式会社は、色のプロフェッショナル「パントン」と提携を開始しました。 スタイリッシュなだけでなく、医療現場でどの色がどのような効果をもたらすかといった科学的な方面からも開発を進めてできた製品、それが「パントンカラースクラブ 7000SC」 PHSやPDAなどの機器を、一人ひとりが持つ機会が増えてきた看護の現場。 いつでも連絡が取れるのは便利ですが、長時間の持ち運びによる肩こりに悩んでいる方も多いと思います。 また、作業中に胸ポケットのPHSが誤って患者さんの上に落下してしまう危険性も。PHSの持ち運びで何かと生じる現場のお悩みを、フォーク独自の新機能が解決します。 特許を取得している2つの機能が特徴のスクラブです。「重量拡散ポケット」は、PHSやPDAを入れるポケットで、1点にかかっていた重みを全体に分散することで、肩こりなどの疲労を軽減します。「落下防止タブ」は、ポケット口にPHSのストラップを留めるタブです。作業の際の落下を防止し、安心感を高めます。生地にはダンガリーシャツのような肌触りのスクラブポプリンを使用しています。

この商品を見る

F Lab.(エフラブ)

F Lab.(エフラブ)

F Lab.(エフラブ)

flab

その他のドクターインタビュー

ユニフォームの導入・検討は、
お気軽にご相談ください

フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED