介護現場の声を取り入れて共同開発されたスクラブを導入
動きやすさと通気性を叶える背中の全面ニット仕様が好評

開設時からフォークのスクラブを着用。  
動きやすく、きちんとして見えると高評価。

関東を中心に複数の介護関連施設を運営している元気村グループでは、AIカメラによる見守りや、インカム・タブレット端末などを採用し、職員同士のコミュニケーションを効率化するなど、施設のスマート化へ積極的に取り組んでいます。中でも、しょうぶ翔裕園はスマート化により職員1人1人が利用者と向き合う時間が増え、利用満足度向上と働きやすい環境の両立を図っています。

同園で着用されているユニフォームは、ジップスクラブ®とジップアップスクラブ®。この2種のスクラブは、元気村グループで働く職員さんの声を取り入れ、いわば共同開発したものです。しょうぶ翔裕園では、平成30年の施設オープン時からこれらのスクラブが採用されています。スタッフからは「きちんとして見えるので利用者のご家族からも印象が良い」「生地が丈夫で、長い期間型崩れせずに着られる」などの声が寄せられ、見た目の印象が良い点が高く評価されています。

背中が全面ニットで、前かがみでもラク。
通気性が良いので汗をかいた後も快適。

採用されたジップスクラブ®とジップアップスクラブ®は、背中の全面にニット素材が使われていることが特徴です。ニットの利点は、介護で欠かせないトランスファー(移乗)の際によく分かります。伸縮性が高いため、前かがみになってもつっぱり感がなく動きが妨げられません。また通気性も高く、汗をかいた後でも快適な状態を保てます。

「求人広告で見たユニフォームがかっこ良いなと思って入社しました」という職員さんもいらっしゃり、人材採用の面でも一定の効果がありました。ITによる業務の効率化に加え、働く人にとって魅力的な環境づくりを推進している元気村グループにとって、スクラブのユニフォームはその一環として役立っているようです。

背中がニットで通気性も高く動きやすい
男性はジップアッスプクラブ®、女性はジップスクラブ®を着用

着用しているスクラブはこちら

画像クリックで商品の詳細をご覧いただけます。

病院プロフィール

社会福祉法人 元気村 しょうぶ翔裕園

社会福祉法人 元気村 しょうぶ翔裕園
埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲5205

https://www.genkimuragroup.jp/facilitylist/shobu/ launch

社会福祉法人 元気村グループの施設として平成30年に開設され、ユニット型特別養護老人ホームと短時間リハビリ型デイサービスを運営。 「家族主義」「共に生きる」を基本理念とし、入居される方・利用される方、一人ひとりが地域とのつながりを感じられるよう「暮らしの継続・回復」を大切にした施設を目指しています。

導入商品

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

フォーク株式会社は2013年からスクラブの新形態を提案しています。 従来のかぶって着るタイプと違い、羽織って着るタイプですので、女性の化粧崩れもばっちり防げます。 特許取得の「重量拡散ポケット」は、アームホールに小さなショルダーバックをつけたような形状なので、携帯電話やタブレットなどの重さが四方に分散され、動きを妨げません。 「二重ポケット」や「腰ループ」など便利な機能を搭載したスクラブは現場での作業をスムーズに行うことが出来ます。

ジップスクラブ®のブランドページを見る

GENKIシリーズスクラブ

GENKIシリーズスクラブ

GENKIシリーズスクラブ

伸縮性と通気性に優れた、背面ニット素材採用のGENKIシリーズ登場。 バリエーション豊富なフォークのスクラブシリーズに、新たに後ろ身頃がニット素材の新しい発想のスクラブが登場しました!背面や脇など、動きの大きい部分に伸縮性のある素材を採用し、通気性もよく肌にまとわりにくく、快適に過ごすことができます。大人気のジップスクラブ®タイプに、男女ペアで着られるスポーツテイストが新登場!リブ配色の襟元がスポーティなシリーズです。

ジップスクラブ®|GENKIシリーズのブランドページを見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

ユニフォームの導入・検討は、
お気軽にご相談ください

フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED