国立病院機構の先陣をきって、カラースクラブを導入。

看護スタッフの意見を尊重し、投票で決定。意識が高まり、内外から高評価を得る。

国立病院機構では、おそらく初めてカラースクラブを導入した、名古屋医療センター。ユニフォームは、白・衿付きが伝統というなかでの英断でした。
「最初は強い抵抗感がありましたが、スタッフの意見は逆。当病院の理念の範囲内でスタッフが自分で意思決定でき、看護もユニフォームも一緒に作りあげる体制にしたかったので、投票で決めました。

写真左:点滴などを交換する際にも、袖下ゴムの工夫で袖口の開きすぎを抑えます。
写真右:入れたものが落ちにくい、襟ぐりの斜めポケット。PHSを入れるのに便利。

スタッフの意見を反映し、カラースクラブの導入を決定。人気投票で決めたスクラブ。スタッフのモチベーションアップにもつながった。

病院プロフィール

独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター

独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター
愛知県名古屋市中区三の丸4-1-1
052-951-1111

http://www.nnh.go.jp launch

31の標榜診療科を備える、高度先進医療施設。また、「病む人の立場に立って、安全でより質の高い医療を提供します」を理念に、地域医療を支える高度急性期病院としても機能しています。

導入商品

ワコールHIコレクション

ワコールHIコレクション

ワコールHIコレクション

フォーク株式会社とワコールの共同開発により誕生した「ワコールHIコレクション」は、医療現場で働く女性を応援。高い機能性、美しく魅せるこだわりのカラー、デザイン毎日を快適に楽しくするコレクションです。 美しさを追求したシルエットは、今までのスクラブとはまったく違う新境地を演出します。 背面の裏地に花柄の生地を使用。脱いだときにチラリと見えるとかわいいデザインも特徴です。 長めの丈で細身のシルエット、上品なカラー展開が女性らしさを引き立てます。 生地には優れた吸水性と拡散性、ドライ感を実現させた新しいポリエステル生地セオαを使用。 襟元に機能的なPHSポケットが施されています。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED