ジップスクラブ®の鮮やかなカラーが、救命救急の現場をより活発に。

最新医療を提供する救命救急センターにふさわしいユニフォームが必要だった。

2012年10月、茨城県北で初めて救命救急としてオープンした日立総合病院救命救急センター。現在は10名もの若いドクターたちが、24時間体制で患者さんを受け入れ、救急医療のなかでは最も高度な第三次救急医療まで対応しています。

救命救急のドクターとしての一体感が生まれるユニフォームをつくりたかった。

当初は2名の医師からスタートした救命救急センターですが、メンバーが増えたのを機に、2014年6月にユニフォームを作成することに。以前は淡いカラーのオペ着を着用していましたが、先進性を売りにしている救命救急センターのイメージに合わず、特に女性のドクターからは不評でした。
「僕らは血を浴びることもあるし、動き回ることも多い。かといって患者さんと接する仕事なので作業着のようなウエアではだめ。ドクターだとひとめでわかり、救命救急のドクターとしての一体感が生まれるユニフォームをつくりたかった」とセンター長の中村先生はおっしゃいます。

斬新なデザインのスクラブがチームとしての気概を育む。

そこで選ばれたのがジップスクラブ®でした。おしゃれなデザインや鮮やかなカラーは、「チームで一丸となってがんばっているんだ」というドクターの想いの象徴に。ターコイズ×ネイビーの組合せは院内を明るく、活気づかせています。一方、ジップスクラブ®には、あればいいなと思う機能も豊富。持ち歩くものが多いドクターには、ポケットの多さが好評。

脱着が楽になった、羽織って着るジップスクラブ®

羽織って着るジップスクラブ®を一度着用すると、頭からかぶって着るスクラブが面倒になってしまうそう。
さまざまな取り組みを展開している救命救急ドクターの自信の象徴にもなっているウエアは、ここに研修にくる学生たちにも好評。ますます活発な運営をするためには人材確保が何よりも大切ですが、華々しい活躍を象徴する鮮やかなスクラブが、若手確保に一役買っているそうです。

病院プロフィール

日立総合病院救命救急センター

日立総合病院救命救急センター
茨城県日立市城南町2-1-1
0294-23-1111

http://www.hitachi.co.jp/hospital/hitachi/ launch

日立総合病院は、株式会社日立製作所の企業立病院として「工場衛生と民衆治療のため」という理念のもとに昭和13年1月に開院し、茨城県北部地区の中核病院として拡大発展。高度専門医療としての急性期疾患治療、がん専門治療、救命救急医療(主として虚血性心疾患・脳血管疾患・消化器疾患)、肝疾患治療、周産期センター、地域災害医療センターなど、高機能で良質な医療を効率的に地域に提供する。

導入商品

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

フォーク株式会社は2013年からスクラブの新形態を提案しています。 従来のかぶって着るタイプと違い、羽織って着るタイプですので、女性の化粧崩れもばっちり防げます。 すべてのモデルに「重量拡散ポケット」を標準装備。 アームホールに小さなショルダーバックをつけたような形状なので、PHSやタブレットなどの重さが四方に分散され、動きを妨げません。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED