救急医療を支えるアクティブカラーのパントンスクラブ

「夜間のたらい回し患者さんを助けたい!」日本初の夜間救急に特化したクリニック。

埼玉県にある川越救急クリニックは、2010年に開業した夜間救急を行う病院です。
突然の体調不良やケガ、事故で搬送されても病院に人手が足りず受け入れを拒否される、いわゆる「たらい回し」と呼ばれる問題を解消することを目的に、上原淳院長が設立しました。

診療時間は午後4時から夜10時まで。
2013年からは医師が2人体制となり、365日受け入れが可能になりました。
そんな、地域から絶大な信頼を寄せられているこちらの病院でもフォークのスクラブは採用されており、スタッフの皆さんが色とりどりのスクラブを着て、患者さんの救命にあたっています。

写真右上中:明るい雰囲気の受付。チェリーピンクは女性スタッフに人気。
写真右下:上原院長の挑戦は医療業界でも話題となり、多くのメディアにも取り上げられています。

患者さんに安心感を与えるカラフルなスクラブ。

開設時にウエアを選定する際に「普通と同じではつまらない」と思い、カラーバリエーションの豊富なパントンを採用したという、こちらの病院。
上原院長はオレンジ、副院長はネイビー、そして看護師はチェリーピンクやターコイズなどの複数のカラーから好きなものをセレクトしています。
生地は肌触りの良いポプリン。PHS 用のポケットは重さを拡散し、さらに落下も防ぐ仕様のため、スタッフのアクティブな動きにもぴったりです。そして、鮮やかな色合いのスクラブには、スタッフの表情や院内を明るく見せる効果を感じるそうで、急に病院に搬送され不安を抱える患者さんの気持ちを和らげています。

病院プロフィール

川越救急クリニック

川越救急クリニック
埼玉県川越市古谷上1116-1
049-293-5877

http://kawagoeerc.jimdo.com launch

全国初の夜間救急に特化したクリニック。地域の住民の方から絶大な信頼を寄せられています。当院の取り組みに対して医療関係者からも共鳴が起き、救急クリニックの開業の動きが全国に広まっています。

導入商品

PANTONE(パントン)

PANTONE(パントン)

PANTONE(パントン)

色の持つチカラにいち早く注目したフォーク株式会社は、色のプロフェッショナル「パントン」と提携を開始しました。 スタイリッシュなだけでなく、医療現場でどの色がどのような効果をもたらすかといった科学的な方面からも開発を進めてできた製品、それが「パントンカラースクラブ 7000SC」 PHSやPDAなどの機器を、一人ひとりが持つ機会が増えてきた看護の現場。 いつでも連絡が取れるのは便利ですが、長時間の持ち運びによる肩こりに悩んでいる方も多いと思います。 また、作業中に胸ポケットのPHSが誤って患者さんの上に落下してしまう危険性も。PHSの持ち運びで何かと生じる現場のお悩みを、フォーク独自の新機能が解決します。 特許を取得している2つの機能が特徴のスクラブです。「重量拡散ポケット」は、PHSやPDAを入れるポケットで、1点にかかっていた重みを全体に分散することで、肩こりなどの疲労を軽減します。「落下防止タブ」は、ポケット口にPHSのストラップを留めるタブです。作業の際の落下を防止し、安心感を高めます。生地にはダンガリーシャツのような肌触りのスクラブポプリンを使用しています。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED