身だしなみは ケアの質へつながるから。 機能もデザインも満足いくユニフォームを選択。

看護師がその良さを実感していたジップスクラブを看護助手のウエアにも採用。

小倉記念病院は急性期・高度医療の中核病院として、地域から高い信頼が寄せられている歴史ある病院です。
「スタッフの身だしなみは患者さんのケアにもつながると考えて、ユニフォームを選んできました」と後藤看護部長はおっしゃいます。約3年前、清潔感に加えて高い機能性も備えているジップスクラブを、看護師のユニフォームとして導入しました。そして2020年秋からは、看護助手もジップスクラブの色違いを着用しています。「看護助手はアクティブな職種なので、背中と脇にニットを使っているこのシリーズは、通気性や伸縮性もありスタッフから好評です」と後藤看護部長。当初、襟は蒸れやスレの原因になるという意見もありましたが、実際に着用するとメリットの方が大きく感じられるといいます。

役職によってウエアを色分け。
気持ちが引き締まり、モチベーションもアップ。

小倉記念病院では、役職によってウエアの色を変えています。看護助手はサックス×ダークネイビー、看護師はバーガンディ×バーガンディ、そして責任者はダークネイビー×ダークネイビーを着用。患者さんにとっても分かりやすく、またスタッフからも「自身の仕事に、より責任感と緊張感を持って臨むようになった」という声が聞かれるそう。「カラーは違っても同じウエアなので、看護部としての連携や一体感はしっかり保てています」と後藤看護部長はおっしゃいます。また、複数あるポケット、院内用PHSや小物を掛けられるループなどの充実した機能にも、日々便利さを感じているそう。
患者さんの心身を“ケア”するという誇りを、ユニフォームが支える。そんな役割を果たせるウエアを、今後も変わらず導入していきたいということです。

着用しているスクラブはこちら

画像クリックで商品の詳細をご覧いただけます。

レディスジップスクラブ 7038SC-17
メンズジップスクラブ 7028SC-17
レディスジップスクラブ 7038SC-3
メンズジップスクラブ 7025SC-16
レディスジップスクラブ 7038SC-2

病院プロフィール

一般財団法人 平成紫川会 小倉記念病院

一般財団法人 平成紫川会 小倉記念病院
福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目2-1

093-511-2000

http://www.kokurakinen.or.jp/

「職員の幸せが、患者さんの幸せ・地域の幸せにつながる」という理念のもと、大正5年に創立。地域医療の進歩と発展に尽力してきた中核病院です。特に循環器内科、心臓血管外科は国内トップレベルの実績を有しており、広域、海外からも多く来院しています。

導入商品

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

フォーク株式会社は2013年からスクラブの新形態を提案しています。 従来のかぶって着るタイプと違い、羽織って着るタイプですので、女性の化粧崩れもばっちり防げます。 特許取得の「重量拡散ポケット」は、アームホールに小さなショルダーバックをつけたような形状なので、携帯電話やタブレットなどの重さが四方に分散され、動きを妨げません。 「二重ポケット」や「腰ループ」など便利な機能を搭載したスクラブは現場での作業をスムーズに行うことが出来ます。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

ユニフォームの導入・検討は、
お気軽にご相談ください

フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED