きつい!着にくい!透ける!からジップスクラブ®で解放された

襟付きなのに首元がゆったり。窮屈感がなく、涼しい。

4年に1度のリース契約更新のタイミングを機に、ナースウエアの見直しを検討された国際親善総合病院。ボタンでとめる白衣だとボタンの間から下着が見えてしまう、朝の忙しいとき、被りだと髪が乱れるといった現場の意見をもとに、着やすさや動きやすさを重視して選んだのが、羽織って着られる襟付きの白と紺のジップスクラブ®でした。

公の場の「白」「襟付き」の条件もクリア

「会議など公の場では白衣が必要になりますが、ジップスクラブ®なら襟付きだけれど、首回りがひろいのでラク。
生地が薄いのに透けないし、夏場も非常に涼しいです」とおっしゃる看護課長の山本さん。
以前から職種ごとにさまざまなウエアを着用する風潮があったそうですが、今回のリニューアルでデザインを絞り込んだことで、患者さんからも役職を認識されやすくなったそうです。

写真左:会議など公の場では白衣が必要。
写真右:脱着のしやすさもジップスクラブ®の魅力。

写真左:患者さんのいちばん身近な存在である看護助士は、温かみのある花柄スクラブを着用。
写真右:検査部は「パントンカラースクラブ」、臨床工学技士は「ジップスクラブ®」など、職種ごとに異なるウエアを着用。

病院プロフィール

社会福祉法人 親善福祉協会 国際親善総合病院

社会福祉法人 親善福祉協会 国際親善総合病院
国際親善総合病院 神奈川県横浜市泉区西が岡1-28-1
045-813-0221

http://shinzen.jp/ launch

幕末1863年に山下町の外人居留地に開設されて以来、名称変更と移転を経て、現在は泉区唯一の総合病院として地域医療を担う。2016年より緩和病棟を開棟し、がん診断から緩和医療に至るシームレスながん医療体制を整備。在宅療養も支援する。

導入商品

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

フォーク株式会社は2013年からスクラブの新形態を提案しています。 従来のかぶって着るタイプと違い、羽織って着るタイプですので、女性の化粧崩れもばっちり防げます。 すべてのモデルに「重量拡散ポケット」を標準装備。 アームホールに小さなショルダーバックをつけたような形状なので、PHSやタブレットなどの重さが四方に分散され、動きを妨げません。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED