動きやすさと機能性で選んだウエアで院内の雰囲気も明るく

ポケットの中身を出す必要がなくスムーズに脱ぎ着できるジップスクラブ

数年前にユニフォームを白衣からスクラブに変更し、涼しさと動きやすさを実感したという平川病院の看護部。しかし、かぶりタイプだと着替え時にポケットの中身を取り出す必要があり、手間がかかります。そこで、新しく前開きタイプを導入することに。こちらの病院では看護師が鍵を使うのでループが欠かせないため、「ループのあるウエアの中から検討しました」と語る酒井看護部長。

フォークのジップスクラブ®を試着したところ、ほどよいゆとりのあるシルエットで動きやすかったことから採用を決定。以前より「脱ぎ着しやすい」「中にインナーを着やすい」とスタッフに好評です。

ブルー系を中心とした爽やかなカラーで院内が明るく活発な雰囲気に。

採用のポイントとなったループには、鍵のほか消毒液のボトルを取り付けられるなど実用性十分。また、「前かがみになったときPHSが落ちる」という従来のお悩みも脇のPHSポケットで解消され、脱ぎ着のしやすさに加え機能面でも満足されています。ウエアの色については、個人の好みを尊重している平川医院。

ジップスクラブ®導入にあたっては、看護師はサックス、ネイビー、バーガンディーから好きな色を選べるようにしました。ネイビーだけを着る人もいれば、日によって色を変える人も。ケアワーカー用にはターコイズ色を採用し、白衣が多かったときと比べて院内の雰囲気が明るくなったそうです。

病院プロフィール

医療法人社団光生会平川病院

医療法人社団光生会平川病院
東京都八王子市美山町1076
042-651-3131

http://www.hirakawa.or.jp launch

「患者さまの不安を取ること」を理念に掲げる平川病院。多様化・高度化するニーズに応える精神科病院として、救急対応や認知症対応、働く人たちのメンタルケアまで含めた幅広いケアを行っています。

導入商品

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

フォーク株式会社は2013年からスクラブの新形態を提案しています。 従来のかぶって着るタイプと違い、羽織って着るタイプですので、女性の化粧崩れもばっちり防げます。 すべてのモデルに「重量拡散ポケット」を標準装備。 アームホールに小さなショルダーバックをつけたような形状なので、PHSやタブレットなどの重さが四方に分散され、動きを妨げません。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED