ディッキーズの着心地が研修医の多忙な毎日を支えてくれる

オリジナルユニフォームは男子研修医に人気のディッキーズ。

「臨床研修指定病院」に指定され、総合力のある医師養成に力を入れている坂総合病院。
毎年、全国から多くの研修医を受け入れており、2015年度4月から男女合わせて11名がこの坂総合病院で働き始めています。

研修医は病院からもスクラブを支給されますが、「病院のスクラブよりも着やすいウエアがほしい、同期でお揃いのユニフォームをつくりたい」という想いから、2015年度の研修医生たちのオリジナルユニフォームを作成。
さまざまなカタログを見て検討した結果、選ばれたのが、特に着やすくてかっこいいディッキーズ・スクラブでした。

新ユニフォームに切り替えてから、表情が明るくきれいに見えると、スタッフからも患者さんからも高評価が集まりました。他部署からも「変わったね。明るくなったね」と声をかけられることが増えたそうです。
出産を控え緊張しているお母さんたちをやさしく迎え、距離感を縮めるには、ピンクの花柄が醸すやわらかいイメージはピッタリだったようです。

写真左:右腕には、15(イチゴ)期生をもじったオリジナルロゴを刺繍。
写真右:ディッキーズの斜めポケットなら、外科的処置の際もPHS が落ちてこない。

身体にフィットする着心地、たくさんモノが入るポケットも好評

「私たち研修医は、教科書や聴診器など持ち歩くものも多く、ディッキーズは深めのポケットがいっぱいあるところが便利」とおっしゃるのは研修医のなかで唯一の女性である安田先生。

研修期間といえども、当直や外来など多忙な日々を送るレジデントにとって、ウエアの着心地はとても大切。生地がごわつかず、ウエストも紐で調節でき、身体をしめつけないディッキーズ・スクラブは、タフな現場をサポートするにふさわしい一着なのだそうです。

写真右:先輩医師のなかにはディッキーズ愛用者も。汚れが目立ちにくいカラーも好評。

病院プロフィール

公益財団法人宮城厚生協会坂総合病院

公益財団法人宮城厚生協会坂総合病院
宮城県塩竈市錦町16-5
022-365-5175

http://www.m-kousei.com/saka/ launch

塩竈市を中心に、仙台市東部を含めた人口25万人の地域を診療圏とする中核病院。大正元年(1912年)、私立塩竈病院として創設以来100年余の歴史があります。救急医療には特に注力されており、救急車搬入は年間約3,000件にのぼり、全県的役割を担っています。

導入商品

Dickies(ディッキーズ)

Dickies(ディッキーズ)

Dickies(ディッキーズ)

アメリカのメディカルウエア業界の中でも圧倒的な人気を誇る「ディッキーズ」。 アメリカ発のスクラブを小柄な日本人体型にフィットするよう、ジャストフィットサイズに再設計されたスクラブが軽快な現場ワークをサポートします。 素材もタフであることを追求し、過酷な現場や何度も繰り返される洗濯にも耐えられる耐久性を目指しました。 また、吸湿速乾性があり、動きやすいストレッチ素材の記事を採用。汗をかくほどハードな現場でも快適に動けるウエアに。洗いざらしのような独特の風合いも魅力です。

この商品を見る

フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED