公立病院の中にも溶け込めたカラースクラブ。

はじめに一般的な白衣と比べての安価なスクラブに魅力を感じた。

地方公営企業法が適用となり、公立病院である公益性を求めつつ、経済性を両立させるという難しい状況の中、一般的な白衣と比べての安価なスクラブに魅力を感じた。
また8時間(以上)の労働の中で着用時の快適性や、頻繁に洗濯をしなくてはならないという耐久面からもフォークのスクラブを導入することに。

公立病院という環境的上、従来の「白衣」ではない、『カラースクラブを着用している事を患者さんが変に思ってしまうかも』という事務方の心配もあり、導入にあたっては病院のエントランスにボディを用意して「○○から看護師のユニフォームが変わります」などアナウンスをするなど工夫をした。
しかし、結果としては抵抗は何一つなくカラースクラブは環境に溶け込んだそうです。
(近隣の横須賀でもカラースクラブの採用は増えてきた。)

採用は投票で「ワイン」と「ネイビー」に決定。

男性看護師も多い環境なので、男女兼用モデルのPANTONEカラースクラブが選ばれ、『高齢の患者さんにも安心していただける色を』と、20色のカラー展開がある、PANTONEカラースクラブから人気投票で「ワイン」と「ネイビー」が選ばれました。
男性も女性もその日の気分や好みでどちらかの色を選び着用しています。

公立という環境の中でも変わってきた、ユニフォームスタイル。

「カラー学で言えば『白』は圧迫感のある色でしょ?恐い印象とかあるわけで」と、佐藤看護部長。

「オペ室などでも古くからグリーンが目に優しい色だという事で使われていますよ」と続けて下さいました。

また「白衣の天使」などのイメージもありますが、シンボリックなナースキャップも(衛生面からも)着けることもなくなってきた時代、「色」が患者様に与える影響を考慮して環境を整えているそうです。

今後は「白」は導入せず、(一部式典のみ白を着る予定はあるが)色のスクラブを採用して行くつもりだという。

病院プロフィール

三浦市立病院

三浦市立病院
神奈川県三浦市岬陽町4-33
046-882-2111

http://www.city.miura.kanagawa.jp/byouin/ launch

「三浦ならでは」の地域医療の確立をめざし、三浦市における保健・医療・福祉の一体化をすすめる。 近隣の横須賀の中核病院との横の連携を構築する事でスムーズな役割分担を可能として、患者様への不安と心労を軽減し、信頼を獲得している。 今回の取材の中でも、佐藤看護部長「道路は廊下、家はベット」という地域医療に対する想いのこもった、言葉が印象的だった。

導入商品

PANTONE(パントン)

PANTONE(パントン)

PANTONE(パントン)

色の持つチカラにいち早く注目したフォーク株式会社は、色のプロフェッショナル「パントン」と提携を開始しました。 スタイリッシュなだけでなく、医療現場でどの色がどのような効果をもたらすかといった科学的な方面からも開発を進めてできた製品、それが「パントンカラースクラブ 7000SC」 PHSやPDAなどの機器を、一人ひとりが持つ機会が増えてきた看護の現場。 いつでも連絡が取れるのは便利ですが、長時間の持ち運びによる肩こりに悩んでいる方も多いと思います。 また、作業中に胸ポケットのPHSが誤って患者さんの上に落下してしまう危険性も。PHSの持ち運びで何かと生じる現場のお悩みを、フォーク独自の新機能が解決します。 特許を取得している2つの機能が特徴のスクラブです。「重量拡散ポケット」は、PHSやPDAを入れるポケットで、1点にかかっていた重みを全体に分散することで、肩こりなどの疲労を軽減します。「落下防止タブ」は、ポケット口にPHSのストラップを留めるタブです。作業の際の落下を防止し、安心感を高めます。生地にはダンガリーシャツのような肌触りのスクラブポプリンを使用しています。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right
フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED