自分たちが可愛いと思えるデザインでモチベーション向上。明るめのカラーが院内の雰囲気を柔らかく

暗めの色は圧迫感を与える懸念があり、今回は明るめのカラーを選択

各種診療科、救急・急性期医療に健診センターや療養病棟・地域包括ケア病棟も併設し、訪問診療や訪問看護も含めて地域に密着した医療を提供している三島中央病院。同医院では、以前から動きやすいスクラブを採用していましたが、今回は特に色の選択に配慮したそうです。
以前のユニフォームはダークネイビーで統一され、スタッフには好評だったものの、患者さんの視点に立つと異なる景色が見えてきました。それは、患者さんの立場になって身体抑制のシミュレーション体験を行った時のこと。暗い色のユニフォームに囲まれると、心理的な圧迫感があったといいます。そのため「次に選ぶなら明るい色を」と、今回のカラー選択につながりました。紺系の色を外して、ある程度デザインの候補を絞ったあと、全員の投票制で選ばれたのがフォークのジップスクラブ®です。

好きなデザインを着られる喜びに加え、動きやすさなど機能性にも高評価

「自分たちが可愛いと思って選んだものを着られるから、みんなすごく嬉しそうでした」と菊池真貴子看護部長。女性看護師はラベンダーもしくは花柄もしくは白衣、女性理学療法士はピンク、男性看護師はグレーまたは白衣、男性理学療法士はセージグリーン。いずれの色も軽やかで明るい印象を与えます。

もちろん、フォークのジップスクラブ®ならではの着心地の良さも好評です。いわゆる白衣の着用経験もある菊池部長は、一度スクラブを着ると動きやすさを実感し、ほぼ毎日スクラブを選ぶようになったとのこと。特に前屈みになって患者さんを支えたり、車椅子とベッド間の移乗をしたりする際に、背中の伸縮性の高さが分かります。 
看護される患者さんの気持ちと、毎日着用するスタッフの希望。その両方を満たすユニフォームとして選ばれた、明るめカラーのスクラブ。結果的に院内の雰囲気も明るくなり、働くモチベーションの向上にもつながっています。

着用しているスクラブはこちら

画像クリックで商品の詳細をご覧いただけます。

レディスジップスクラブ 7078SC-52
スクラブ 7040SC-3
メンズジップスクラブ 7044SC-5
レディスジップスクラブ 7023SC-2

病院プロフィール

社会医療法人 志仁会 三島中央病院

社会医療法人 志仁会 三島中央病院
静岡県三島市緑町1-3

055-971-4133

https://mchp.or.jp/ launch

「親切・丁寧・確実な医療提供により地域全体を支える」という理念のもと、各診療科に加えリハビリや健診施設も備えた、ケアミックス型の中核病院です。1977年に耳鼻咽喉科として開業して以来、地域のニーズに応えて診療科や病床等の増設を行い、2018年には地域包括ケア病棟も稼働。常に地域医療への貢献を念頭に最善の医療を提供できるよう取り組んでいます。

導入商品

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

フォーク株式会社は2013年からスクラブの新形態を提案しています。 従来のかぶって着るタイプと違い、羽織って着るタイプですので、女性の化粧崩れもばっちり防げます。 特許取得の「重量拡散ポケット」は、アームホールに小さなショルダーバックをつけたような形状なので、携帯電話やタブレットなどの重さが四方に分散され、動きを妨げません。 「二重ポケット」や「腰ループ」など便利な機能を搭載したスクラブは現場での作業をスムーズに行うことが出来ます。

この商品を見る

Dickies(ディッキーズ)

Dickies(ディッキーズ)

Dickies(ディッキーズ)

アメリカのメディカルウエア業界の中でも圧倒的な人気を誇る「ディッキーズ」。 アメリカ発のスクラブを小柄な日本人体型にフィットするよう、ジャストフィットサイズに再設計されたスクラブが軽快な現場ワークをサポートします。 素材もタフであることを追求し、過酷な現場や何度も繰り返される洗濯にも耐えられる耐久性を目指しました。 また、吸湿速乾性があり、動きやすいストレッチ素材の生地を採用。汗をかくほどハードな現場でも快適に動けるウエアに。洗いざらしのような独特の風合いも魅力です。

この商品を見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

ユニフォームの導入・検討は、
お気軽にご相談ください

フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED