スタイリッシュなデザインとサラサラの生地が決め手に
2色を採用することで気分転換の効果も

縦のライン使いで“スマート見え”。
幅広い年代の看護師に好評。

令和3年10月の新築移転を機に、長年使っていたユニフォームをフォークのジップスクラブ®へと一新したくらて病院。選ぶ際は、他社のユニフォームを含めて複数を試着されました。

採用の決め手となったのは、着心地の良さと、触った時の生地のサラサラ感。そして何より、デザイン面で「縦のラインでスマートに見える」という声が多く上がったそうです。着心地、生地の触感、デザイン性ともに高評価を受けての採用でした。

導入後、年長者は5歳〜10歳若く見え、若い看護師はチャーミングに見えると好評だとのこと。以前の白い制服を覚えている地元の患者さんからは「見違えました」「違う病院に来たみたい」との声も寄せられました。機能面でも、深めのポケットと脇のループを活用して業務に必要なものを携帯しているそうです。「制服が変わると気分も変わって、みんな生き生きしています」と、ユニフォーム選びに関わった小竹看護部長はおっしゃいます。

気分転換のために雰囲気の異なる2色を採用。
ボトムは白に統一し、看護師の目印に。

看護師の業務は、同じ仕事の繰り返しとなることも少なくありません。ともすれば単調になりがちな日々でも、おしゃれなユニフォームで「気持ちを切り替えて心地よく働いてほしい」と、看護部では2色のジップスクラブ®を採用されました。ピンク系とネイビー系で全く異なる雰囲気のため、その日の気分によって選ぶことができます。

一方、ボトムは「看護師は白」と統一したことで、患者さんには誰が看護師なのか一目瞭然です。「組織をまとめるためには制服はなくてはならないもの。制服によって一体感が生まれます」と小竹看護部長。着心地がよくスタイリッシュなユニフォームに変えたことで気分も変わり、より生き生きと働けるようになったくらて病院。制服の持つプラスの効果がチーム全体に波及しているようです。

今回はジップスクラブ®をご採用頂いた看護部にお話を伺いましたが、くらて病院ではDickies(ディッキーズ)もご採用頂いています。

着用しているスクラブはこちら

画像クリックで商品の詳細をご覧いただけます。

レディスジップスクラブ 7023SC-27
レディスジップスクラブ 7023SC-3
メンズジップスクラブ 7058SC-11
メンズジップスクラブ 7058SC-17
スクラブ 7040SC-13

病院プロフィール

地方独立行政法人 くらて病院

地方独立行政法人 くらて病院
福岡県鞍手郡鞍手町大字小牧2226番地2
0949-42-1231

https://kurate-hp.com/ launch

「全世代の健康を支援し、進化する地域医療に挑む」ことを理念として医療の進歩や時代の変化に柔軟に対応し、優れた医療スタッフの充実につとめる、くらて病院。令和3年10月に新築移転し、引き続き地域医療の拠点としての役割を果たしています。

導入商品

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

ジップスクラブ®

フォーク株式会社は2013年からスクラブの新形態を提案しています。 従来のかぶって着るタイプと違い、羽織って着るタイプですので、女性の化粧崩れもばっちり防げます。 特許取得の「重量拡散ポケット」は、アームホールに小さなショルダーバックをつけたような形状なので、携帯電話やタブレットなどの重さが四方に分散され、動きを妨げません。 「二重ポケット」や「腰ループ」など便利な機能を搭載したスクラブは現場での作業をスムーズに行うことが出来ます。

ジップスクラブ®のブランドページを見る

Dickies(ディッキーズ)

Dickies(ディッキーズ)

Dickies(ディッキーズ)

アメリカのメディカルウエア業界の中でも圧倒的な人気を誇る「ディッキーズ」。 アメリカ発のスクラブを小柄な日本人体型にフィットするよう、ジャストフィットサイズに再設計されたスクラブが軽快な現場ワークをサポートします。 素材もタフであることを追求し、過酷な現場や何度も繰り返される洗濯にも耐えられる耐久性を目指しました。 また、吸湿速乾性があり、動きやすいストレッチ素材の生地を採用。汗をかくほどハードな現場でも快適に動けるウエアに。洗いざらしのような独特の風合いも魅力です。

Dickies(ディッキーズ)のブランドページを見る

その他の採用事例を見る

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

ユニフォームの導入・検討は、
お気軽にご相談ください

フォーク株式会社は、1903年創業の白衣と事務服のユニフォーム製造メーカーです。
© FOLK CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED