• 看護師
  • 医師
  • 歯科・クリニック
  • 介護
  • 検診
  • 医療事務系
  • サービス業・営業系
  • 一般事務系

医療現場のディキーズスクラブ導入事例「現場の声」

病院、クリニック、歯科院、教育機関など
「医療現場」でのユニフォームの導入事例をレポート

着用し働くスタッフはもちろん、患者さまへ与えるイメージも左右するユニフォーム。
動きやすさなどの機動性や衛生面など基本的な問題の他にも、
デザインや色・素材によりモチベーションの維持向上など、
日々着用するユニフォームだからこその見えてくる問題点や活用の方法があります。
フォークのユニフォームがどうのように活用されているのかを現場取材させていただきました。

おおむら歯科医院|ディッキーズスクラブ/フォーク株式会社社

おおむら歯科医院|ディッキーズスクラブ

1989年に山口県下関市に開業して以来、基本的歯科治療と先端歯科治療に注力し、地域の皆様に質の高い医療サービスを提供してきました。院長の大村先生は大学で教鞭をとるほか、審美歯科、インプラント、歯周再生療法などの先端医療についての講演や論文の執筆も数多く行っています。

公益財団法人宮城厚生協会 坂総合病院|ディッキーズスクラブ/フォーク株式会社

公益財団法人宮城厚生協会 坂総合病院|ディッキーズスクラブ

塩竈市を中心に、仙台市東部を含めた人口25万人の地域を診療圏とする中核病院。
大正元年(1912年)、私立塩竈病院として創設以来100年余の歴史があります。
救急医療には特に注力されており、救急車搬入は年間約3,000件にのぼり、全県的役割を担っています。

特別編:アメリカ取材|ディッキーズスクラブ/フォーク株式会社

特別編:アメリカ取材|ディッキーズスクラブ

日本の医療現場でも昨今白衣からカラースクラブへドレスコードが変わりつつあります。
アメリカでのスクラブ導入率は非常に高く、その中でも高い人気を誇るワークウエアブランド「ディッキーズ」ブランド。
アメリカ本土での取材をコラムにいたしました。