• 看護師
  • 医師
  • 歯科・クリニック
  • 介護
  • 検診
  • 医療事務系
  • サービス業・営業系
  • 一般事務系

名医の理論(セオリー) 泌尿器科医|巴ひかる先生

様々な医療現場で高い技術と信頼を得て最前線を走り続ける名医に伺う

泌尿器科医|巴ひかる先生

排尿機能に悩む女性の、笑顔を取り戻すために。

「泌尿器科に女性を」 発信し続けたメッセージ

現在は泌尿器科にも女性患者が多くなりましたが、昔は泌尿器科といえば男性生殖器や性病、前立腺がんを扱うというイメージ。女性患者はとても少なく、尿失禁などは神経因性膀胱と診断され、効果的な治療法はありませんでした。しかし1990年代後半に尿漏れの手術が保険適用となったことや新たな治療法・薬の登場により、次第に泌尿器科に女性の目が注がれるようになったのです。

当時と今を比べると、女性泌尿器科にかかる女性患者の数は増え続けています。しかしこれは、単純に尿漏れ等に悩む人が増加しているというわけではありません。昔は症状があっても「治療法がない」「恥ずかしい」という理由で多くの人が治療しなかっただけのこと。つまり、この増加は、私たち専門医や医療関連企業が様々なメディアで「女性の排尿機能問題は多くの人が抱えているものであり、治療できる」と発信し続けた結果だといえます。

泌尿器科医|巴ひかる先生

「治療すれば治る」からこそ もっと開かれた女性泌尿器科へ

私はこれまで「通いやすい泌尿器科」を作ることに力を注いできました。例えば曜日を絞って診察するのではなく、常に開かれた外来にすることなど、眼科に行くのと同じ感覚で泌尿器科に行くことができるようにしたい。そして、もっとあたり前に尿漏れや近年増加傾向にある骨盤臓器脱などに悩む女性が、「私は手術して治ったわ」と笑顔で話すことができるようにしたいのです。

私のところに来られる患者さんは、多くの人が症状のために過剰に人の目を気にしたり、思うようにスポーツや旅行が楽しめなくなったりしています。どんな風に困っていて、どんな風に治療をしたいのかは人それぞれ。だからこそ、私はいつも患者さん一人ひとりのニーズに合った治療を提供していきたいと思っています。そのためにも、様々な薬や治療法を取り入れたい。泌尿器科の治療法には施設認定が必要なものが多くあります。そういった認定はどんどん取得し、患者さんへの選択肢を増やしておきたいと考えています。
「発信し続けること」、「開かれた科であること」、 「治療の選択肢を増やすこと」。
やるべきことは まだまだあります。

泌尿器科医|巴ひかる先生 泌尿器科医|巴ひかる先生
泌尿器科医|巴ひかる先生

いつでも清潔に、女性らしく着ていて気持ちがいい一枚を

ユニフォームへのこだわりは、着心地やシルエットはもちろん、いつでも洗えて清潔に保てることがあります。特に洗ってもしなやかでしわになりにくいウエアがお気に入り。袖口にゆとりがありすぎると邪魔になり、何度も折り返さなくてはならないので、スッキリとした袖口のものがいいですね。女性らしいAラインのシルエットは立ち姿をすっきり見せてくれるので、着ていて気分がいいです。

泌尿器科医|巴ひかる先生
Doctor Hikaru Tomoe
泌尿器科医 東京女子医科大学東医療センター 骨盤底機能再建診療部 部長 泌尿器科 教授

東京女子医科大学大学院を修了後、腎臓外科助手、泌尿器科助手として経験を積み、同院配転後は、女性の尿漏れなど、排尿機能を専門として治療に専念。新しい技術や治療法、手術を次々に取り入れ、女性泌尿器科のパイオニアとなる。現在は豊富な手術経験を有する女性尿失禁治療のスペシャリストとして、治療や後進の指導にあたっている。

昭和初期に無料の診療所から始まったとされる歴史ある同院。現在は入院病床495床を配置する大学病院として、最善・最新の医療と地域医療への貢献、医療人の育成に力を注いでいる。また、泌尿器科とは別に骨盤低機能再建診療部を設け、女性の排尿障害や骨盤臓器脱などを専門的に治療している

プロフィール

泌尿器科医|巴ひかる先生
Doctor Hikaru Tomoe
泌尿器科医 東京女子医科大学東医療センター 骨盤底機能再建診療部 部長 泌尿器科 教授

東京女子医科大学大学院を修了後、腎臓外科助手、泌尿器科助手として経験を積み、同院配転後は、女性の尿漏れなど、排尿機能を専門として治療に専念。新しい技術や治療法、手術を次々に取り入れ、女性泌尿器科のパイオニアとなる。現在は豊富な手術経験を有する女性尿失禁治療のスペシャリストとして、治療や後進の指導にあたっている。

着用いただいている製品

ワコールHIコレクション

フォークとワコールの共同開発からうまれた「ワコールHIコレクション」は高い機能性と着心地の良い素材開発をすることで、働く姿を美しく魅せるこだわりのカラーとデザインで人気のシリーズです。女性の体を研究し続けるワコールと共同開発することで、画期的な<皮膚伸展基準線>理論を応用した、機能美あふれる製品に仕上がりました。背面の裏地にかわいい花柄の生地を使い、忙しい仕事の中でも女性らしさ忘れません。ワコールHIコレクションは人気のスクラブをはじめ、ドクターコート・パンツ・チュニック・ワンピース・エプロンと医療従事者のユニフォームに必要な一通りの製品をラインナップしています。

WEBストアでのご注文

ワコールHIコレクション シリーズ
ウェブストア 商品のご注文

関連コンテンツ

フォーク社ユニフォームの着用者様 ユニフォーム採用事例「現場の声」

[現場の声]
着用し働くスタッフはもちろん、患者さまへ与えるイメージも左右するユニフォーム。動きやすさなどの機動性や衛生面など基本的な問題の他にも、デザインや色・素材によりモチベーションの維持向上など、日々着用するユニフォームだからこその見えてくる問題点や活用の方法があります。フォークのユニフォームがどうのように活用されているのかを現場取材させていただきました。

名医の理論

名医の理論

[名医の理論の一覧へ戻る]