• 看護師
  • 医師
  • 歯科・クリニック
  • 介護
  • 検診
  • 医療事務系
  • サービス業・営業系
  • 一般事務系

最前線を走り続ける名医に伺う。医療業界の現状とメディカルウエアの役割をレポート。「名医の声」

病院、クリニック、歯科院、教育機関など
様々な医療現場で高い技術と信頼を得て最前線を走り続ける名医に伺う

ユニフォームの検討だけでなく、医療現場に働くすべての方へ送るコンテンツ。
名医が語る医療に対する想いを紹介。

呼吸器外科医|中山治彦先生

ベテランも駆け出しも、異職種もチームが一丸となり、患者さんにとって最善の治療を提供する

呼吸器外科医|中山治彦先生

Doctor Haruhiko Nakayama

1956年神奈川県横須賀市生まれ。1987年から1990年まで国立がんセンター中央病院呼吸器外科レジデント、1993年から同スタッフとして手術の腕を磨く。1999年に神奈川県立がんセンター呼吸器外科部長に就任。通算2500例以上の肺がんの手術経験がある。がんの根治と術後の QOL を重視し、人を癒すことも常に心掛け診療にあたっている。現在は、院内での多職種医療の推進にも力を注ぐ。

乳腺外科医|土井卓子先生

チームだから提供できる医療が、ここにはある

乳腺外科医|土井卓子先生

Doctor Takako Doi

祖父母の代から医師の家系に育ち、幼い頃から医師を目指す。1998年日本大学医学部卒後より、JR東京総合病院に勤務。
2007年にNTT東日本関東病院に移り、内視鏡部部長に就任。食道・胃・大腸まで全ての消化管の早期癌に対する内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)を得意とし、その症例数は年間日本一。近年では後進の育成にも力を注ぐ。

消化器内科医|大圃研先生

どんな環境下でも目の前のことに夢中で取り組めば、技術も自信も磨かれる

消化器内科医|大圃研先生

Doctor Ken Ohata

1974年生まれ。祖父母の代から医師の家系に育ち、幼い頃から医師を目指す。1998年日本大学医学部卒後より、JR東京総合病院に勤務。2007年にNTT東日本関東病院に移り、内視鏡部部長に就任。食道・胃・大腸まで全ての消化管の早期癌に対する内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)を得意とし、その症例数は年間日本一。近年では後進の育成にも力を注ぐ。

心臓血管外科医|山口裕己先生

臨床を基軸に優れた心臓血管外科医を育てる、それが自身のそして大学病院の責任

心臓血管外科医|山口裕己先生

Doctor Hiroki Yamaguchi

1987年広島大学卒業。1999年より、ニュージーランド国オークランドシティ病院(前グリーンレーン病院)へ留学。
2004年に帰国し、新東京病院に心臓血管外科主任部長兼副院長として勤務後、2015年より現職。臨床を礎としながら、次世代を担う心臓血管外科医の育成に心血を注いでいる。

泌尿器科医|巴ひかる先生

排尿機能に悩む女性の、笑顔を取り戻すために

泌尿器科医|巴ひかる先生

Doctor Hikaru Tomoe

東京女子医科大学大学院を修了後、腎臓外科助手、泌尿器科助手として経験を積み、同院配転後は、女性の尿漏れなど、排尿機能を専門として治療に専念。新しい技術や治療法、手術を次々に取り入れ、女性泌尿器科のパイオニアとなる。
現在は豊富な手術経験を有する女性尿失禁治療のスペシャリストとして、治療や後進の指導にあたっている。

産婦人科医|森田峰人先生

妊娠を望む声、治療を望む声すべてに耳を傾けて

産婦人科医|森田峰人先生

Doctor Mineto Morita

産婦人科における内視鏡手術を専門とし、年間約400件と全国有数の手術実績を有するスペシャリスト。
産婦人科を「生命が誕生する、医療世界の中で唯一の喜ばしい科」と考え、生殖機能を保つ身体の温存、治療に専念してきた。現在も高齢化する出産事情において、女性のライフスタイルの変化に対応し、患者本人の希望に寄り添う医療を提供し続けている。

形成外科医・泌尿器科医|永尾光一先生

まずは勉強してみる、やってみる。そこから、人は成長する

形成外科医・泌尿器科医|永尾光一先生

Doctor Koichi Nagao

昭和大学において形成外科学を8年間専攻、その後、東邦大学で泌尿器科学を専攻。両方の診療科部長を経験し、基本領域専門医を両分野において取得。マイクロサージャリーをはじめとする生殖医学領域(主に陰茎・陰嚢)の形成外科的手術を得意とし、形成外科8年、泌尿器科21年という異色の経歴を生かした高度な技術で、多くの患者より信頼を集めている。

整形外科医|齋藤知行先生

患者さんに寄り添う心と、世界を見据える視点、その両方が整形外科医に求められる素養

整形外科医|齋藤知行先生

Doctor Tomoyuki Saito

1979年横浜市立大学卒業。海外留学で、関節リウマチと変形性膝関節症における疼痛発生機序や骨髄由来未分化間葉系幹細胞の筋肉再生に関する基礎研究に従事。その後、横浜市立大学整形外科講師、助教授を務め、現在に至る。主な研究分野は、膝関節機能再建、スポーツ医学など。また、骨切り術の新たな術式考案により、術後の運動機能低下を抑制する治療法実戦にも尽力している。

消化器外科医|塩澤学先生

“根拠”がある医療にチームで取り組む。その意義と誇りを若い世代にも引き継いでいきたい。

消化器外科医|塩澤学先生

Doctor Manabu Shiozawa

横浜市立大学医学部卒業。2002年より神奈川県立がんセンター大腸外科へ勤務。2012年より外科部長に就任。大腸がんの根治性を最重視するとともに、術後のQOLも考慮し、個々の患者さんのニーズに応えるべくテーラーメイド治療の提供に努める。現在は、若手の育成にも力を注ぐ。

消化器外科医|福永正氣先生

腹腔鏡手術をさらに進化させ、負担の少ない医療を

消化器外科医|福永正氣先生

Doctor Masaki Fukunaga

順天堂大学医学部を卒業後、同大学病院にて消化器外科医として経験を積む。1990 年初頭から腹腔鏡手術をがん治療に積極的に取り入れ、その確立に尽力。後に大腸がんにおける腹腔鏡手術のパイオニアとして活躍し、その症例数は2500 を超える。現在は後進育成に力を入れるかたわら、「さらに負担の少ない腹腔鏡手術」を研究している。

小児心臓血管外科医|高橋幸宏先生

“患者さんのために” そのピュアな思いが技術を磨き、そして結果をもたらす原動力となる

小児心臓血管外科医|高橋幸宏先生

Doctor Yukihiro Takahashi

榊原記念病院 副院長 心臓血管外科主任部長熊本大学医学部卒業。熊本赤十字病院で研修医を経た後、1983年より榊原記念病院へ。2004年より、心臓血管外科主任部長に就任。年間500件以上の小児心臓外科手術をこなす小児チームを率いる。小児用の超小型人工心肺の開発や、外科医や看護師の人材育成にも精力的に取り組む。

関連コンテンツ

ユニフォームの導入事例集「現場の声」病院編

病院、クリニック、歯科院、教育機関など、様々な医療現場のユニフォームの導入事例をレポート。
着用し働くスタッフはもちろん、患者さまへ与えるイメージも左右するユニフォーム。
動きやすさなどの機動性や衛生面など基本的な問題の他にも、デザインや色・素材によりモチベーションの維持向上など、日々着用するユニフォームだからこその見えてくる問題点や活用の方法があります。フォークのユニフォームがどうのように活用されているのかを現場取材させていただきました。