• 看護師
  • 医師
  • 歯科・クリニック
  • 介護
  • 検診
  • 医療事務系
  • サービス業・営業系
  • 一般事務系
フォーク株式会社・国際カラーデザイン協会
毎月更新、全12回

色でつくる、医療現場デザイン。患者様に与える印象を改善し、スタッフが活き活きと働けるように。「イロのチカラ」

ユニフォームの色には患者様を安心させ癒したり、スタッフの職務をわかりやすく伝える「機能」があります!

朝起きてから寝るまで、私たちは色に囲まれて生活しています。そう、まるで空気のように「色」はそこに存在しています。
あまりにも身近な存在であるために、私たちは普段「色」に対して無頓着です。しかし、色の違いは紛れもなく波長の違い。
色を変えることでエネルギーが変わり、場の雰囲気が変化します。ユニフォームのカラーバリエーションを上手にご活用頂くことで、患者様への新しいサービスを実現しませんか?本企画では毎月のテーマカラーを決め、その色にまつわる心理的効果や歴史的背景、さらにはその活用方法をご紹介して参ります。ぜひ、「色でつくる、医療現場デザイン」にお役立てください。

テーマ:総集編3

最新更新

No.12 総集編3(最終回)

締めくくりは「配色の効果」について取り上げたいと思います。「ある目的に応じて2色以上の色を組み合わせること」を配色と定義しますが、ファッション業界で一般的に使われている配色用語を5つ取り上げ、易しく解説させて頂きます。

総集編3のページ

テーマ:総集編2


No.11 総集編2

総集編の2回目は色のメンタル効果についてご紹介します。私たちの誰もが、普段の生活の中で無意識のうちに色の影響を受けているといわれます。今回は誰もが知っている「色の感覚」を整理することで、改めて「色を使って快適に過ごす方法」を考えてみましょう。

総集編2のページ

テーマ:総集編1


No.10 総集編1

今回からは総集編として、色のコミュニケーション効果・色のメンタル効果・色のコンビネーション効果について順次お届け致します。今回は色のコミュニケーション効果です。色が人々の社会生活とどのように関連しているかについて考え、色が「記号の役割」を果たすケースについて見てみましょう。

総集編1のページ

テーマ:BLUE、ブルー、青


No.09 BLUE(青)

自然の景色を見る時、そこには圧倒的なボリュームで「青」が存在します。今までに世界中で幾度となく行われてきた色彩嗜好調査で、青は常に上位に位置してきました。人種や民族、性別、年代を問わず人々に好まれる色、それが青です。この色のもつイメージには、爽やか・清楚・理知的・保守的・憂鬱などがあります。

テーマ色「ブルー(青)」のページ

テーマ:ORANGE、オレンジ、橙黄


No.08 ORANGE(橙黄)

赤よりもマイルドで人間に寄り添う色、オレンジ。オランダにおいては国民的な嗜好色とされインテリアにも多用されています。2013年4月、オランダ新国王の即位式では街中がオレンジに染まっている様子がメディアを通して伝わってきました。この色のキーワードとしては「活発・健康・ぬくもり・団らん・笑い」などが挙げられます。

テーマ色「オレンジ(橙黄)」のページ

テーマ:YELLOW-GREEN、イエローグリーン、黄緑


No.07 YELLOW-GREEN(黄緑)

芽吹いたばかりの植物は、例外なく柔らかで透きとおるような黄緑をしています。この色のキーワードとしては「若々しい・フレッシュな・可能性・再生」などが挙げられ、ファッションでは毎年春先になると出てくる色でもあります。系統色名としての黄緑は「黄と緑が半々で構成されている色」という意味をもちます。

テーマ色「イエローグリーン(黄緑)」のページ

テーマ:YELLOW、イエロー、黄


No.06 YELLOW(黄)

子どもの頃、太陽を何色のクレヨンで描いていましたか?日本人にとって太陽の色は「赤」であることが多いのですが、これは国旗(日の丸)に由来するもの。世界的に見れば太陽の色は「黄色」というのがスタンダードです。また、すべての有彩色の中でもっとも明るい色である黄色は人目を引きやすく、標識や看板に多用されます。

テーマ色「イエロー(黄)」のページ

テーマ:PURPLE、パープル、紫


No.05 PURPLE(紫)

パープルとバイオレットの違いは何でしょう?ごくシンプルに言うならば、パープルとは赤紫系の色を指す言葉であり、バイオレットとは青紫系の色を指す言葉となります。日本語では「紫」と一括りにされることが多いのもこの色の特徴です。パープルは時としてローズやピンクの仲間として扱われ、紫でありながら喜びや愛をイメージさせる色でもあるのです。

テーマ色「パープル(紫)」のページ

テーマ:RED、レッド、赤


No.04 RED(赤)

「色の中の色」「色彩象徴の森」などと形容される赤は、私たちが頭の中でもっともイメージしやすい心理四原色のひとつ。暖かい火の色であり、生命を象徴する血の色であり、日本においては太陽を表す色でもあります。(世界的な視点で見ると太陽の色は黄色で象徴されることが多い)1年の中でも12月~1月はひときわ赤が輝いて感じられる季節。今回は西洋の赤と東洋の赤を対比させてご紹介致します!

テーマ色「レッド(赤)」のページ

テーマ:INDIDO、インディゴ、藍


No.03 INDIGO(藍)

遠い宇宙の果て、あるいは深い海の底を思わせるような藍色は、私たちに静けさと落ち着きをもたらしてくれる色です。世界で初めて人工的に虹を出現させる実験(分光実験)に成功したアイザック・ニュートンは、虹の七色を音階と結びつけ「C(ド)」の音にインディゴを当てはめました。この色から連想されるイメージとしては「深遠な・神秘的な・信頼のおける」などが挙げられます。

テーマ色「インディゴ(藍)」のページ

テーマ:WHITE、ホワイト、白


No.02 WHITE(白)

白は浄化の色、みそぎの色、物事を明白にする光の色と言われます。まっさらな気持ちで新しいことにチャレンジしたい時、白の波動が心地よく感じられるでしょう。ところで皆さんは、漢字の「白」がどくろ(しゃれこうべ)の形をルーツとしていることをご存じですか?その色が白いので「しろい」という字は「白い」と書くのだそうです。人々から尊敬されるような立派な指導者のしゃれこうべは、その昔魔除けとして大切に祀られました。この色から連想されるイメージとしては「清潔な・完璧な・清楚な」などが挙げられます。

テーマ色「ホワイト(白)」のページ

テーマ:PINK、なでしこ


No.01 PINK(なでしこ)

想像してみてください。今ここにチューブから絞り出したばかりの赤い絵の具があるとします。その赤に、ほんの少しの白い絵の具を加えると何色になるでしょう?そう、きれいなピンクになります。ピンクとは赤の持つパワーを白で薄めた、穏やかでマイルドな愛の色なのです。この色から連想されるイメージとしては「優しい・かわいらしい・安らいだ・幸福な」などが挙げられます。また、ピンクは人の心を優しく包み込む色。ピンクを目の前にしながら、怒りの感情を持ち続けることは至難の業です。

テーマ色「ピンク(なでしこ)」のページ

桜井輝子

【執筆・監修】桜井輝子 (さくらい てるこ)

国際カラーデザイン協会(ICD)教育本部 関東甲信越支部長、カラーデザインマスター
1967年生 東京都出身。
企業の商品をより魅力的に演出するためのカラーコンサルティングや研修、大学・専門学校での色彩教育、色を用いた販促ツールや教材の企画制作において20年以上の経験と実績を持ち、豊富な知識と現実に則したアドバイスに定評がある。人に役立つ色彩の提案業務を長く続けてきたことが評価を受け、カラーコーディネーターとしては初めて環境色彩コンペティションの審査委員に選出される。その他、海外に向けて日本伝統色をモチーフにした商品のプロデュースを手がけている。東京カラーズ株式会社 代表取締役。